アイピピ 未来のお母さんとお父さんへ
製品のご案内へ 技術ご説明へ よくあるご質問へ ご購入方法へ お取り扱い医院へ 会社案内 お問合せへ
会社案内

 イスイックス・ワールドの企業理念

      

弊社は、基盤技術と新たな知識を基に、お客様が必要とする情報と心からご満足を頂ける製品をお届けいたします。


 アイピピの製造にあたり


イスイックス・ワールドは、電磁波関連技術を専門としています。

次の世代を担う子供たちのために、独自の電磁波吸収技術を使った

アイピピを開発しました。

赤ちゃんの健全な成長と、ご家族の安心をお届けします。

 弊社が皆様にお伝えしたいこと


私たちの身の周りには、人体に障害を与える電磁波(電波)や有害物質が満ちています。皆様の携帯電話は、ご自分だけでなくご家族や周囲の弱い者に障害を与えているかもしれません。 私たちは、次の世代の子供のために何ができるでしょう。弊社は独自にアイピピを開発し、製品化いたしました。
皆様方は何をされますか。お腹の赤ちゃんや乳児はお母さんやお父さんしか頼ることが出来ません。そのような赤ちゃんのために、アイピピをお使い頂きたく存じます。弊社の発信する情報と技術が次世代のためにお役に立てれば、と願っています。


 アイピピは次の世代の子供たちのために開発されました


アイピピは、皆様がご自身の携帯電話で被曝する電磁波強度を、ICNIRP(国際非電離放射線防護委員会)とWHO(世界保健機関)のガイドライン以下にする電磁波吸収体です。 アイピピは、妊婦さんや若いママが安心して携帯電話を使える様にする、使いやすくファッショナブルなシールです。


 次期製品の開発について

アイピピは、お客様方から頂いたご意見を技術開発に反映しています。一番多いのは、ドコモでもソフトバンクでも使えるようになって欲しい、でした。この他に、国外に住んでいるご家族に送りたい、も有りました。
これらのご要望にお答えするのは、世界の携帯電話の使う、800MHz帯、1.5GHz帯、1.7GHz帯、2GHz帯に1つで対応できるアンテナの開発です。
すでに開発を終え、製品の形状は14cmx14cmの正方形で、市場性や、製造方法などを検討中です。


 電磁波による障害に関する参考文献

外部リンクhttp://www.who.int/peh-emf/project/en/(英文)

 WHO(世界保健機関)の電磁波問題に関するトップページ

PDFhttp://www.who.int/peh-emf/publications/facts/physicalproperties_182.pdf(和文3ページ)

 WHOの電磁波リスクに関する報告書。ファクトシートNo.182

PDFhttp://www.icnirp.de/documents/emfgdljap.pdf(和文44ページ)

 ICNIRP(国際非電離放射線防護委員会)による電磁波暴露制限に関するガイドライン

PDFhttp://www.radiationresearch.org/pdfs/reasons_a4.pdf(英文44ページ)

 インターフォンスタディに参加した研究者の中で、携帯電話は各種障害の原因となるとする意見をまとめたもの。
 成人の脳腫瘍への影響や妊婦や小児に対する影響についての意見がある、最新の調査結果

PDFhttp://www.oxfordjournals.org/our_journals/ije/press_releases/freepdf/dyq079.pdf(英文20ページ)

 国際疫学学会誌に掲載された、インターフォンスタディの報告書

PDFhttp://www.iarc.fr/en/media-centre/pr/2010/pdfs/pr200_E.pdf(英文8ページ)

 インターフォンスタディに基づくWHOの声明(IARC(国際がん研究機関)から発表)

お母さんやお父さんのために、赤ちゃんが浴びる電磁波を減らすことが弊社の役目です。

アイピピは電磁波を吸収し、裏側の電磁波の強度を100分の1以下にします。

ママはアイピピを使って、赤ちゃんが浴びる携帯電話やスマート フォンの電磁波を軽減してください。

アイピピに期待します

お母さんの携帯電話の電磁波が胎児に好ましくない影響を与える可能性は世界中で関心がもたれ、盛んに研究されています。

羽根邦夫博士は電子工学界における優れた研究者で、科学者として誠実なお人柄と子供への愛情の結果がアイピピとなったと存じます。私もアイピピの理念とMES「マイクロ波除去システム」の技術に深い関心を持ち、このアイディアが小児の健全な発育に役立つ事を期待しています。

元上智大学教授

日本小児科学会認定医

日本小児神経学会認定医

医学博士 余語毅男


アイピピの開発者から

 アイピピを開発した羽根邦夫です。私には孫が4人います。7歳と5歳と3歳の男の子と、3歳の女の子。誰もが孫は可愛い、と言いますが私も同じ。格別に可愛いです。 孫を授かってから、街で見かける見ず知らずの方のお子さんも可愛いと感じるようになりました。若いときは自分の子どもに手一杯で、他のお子さんに気を回すことが出来なかったのでしょう。息子夫婦や娘夫婦のおかげでお爺ちゃんは 美味しいところだけを楽しむことが出来ます。孫の親であるわが子たちに感謝。

 アイピピは、人様の子どもが可愛い、ぜひとも健全に育って欲しい、との願いで開発をしました。きっかけは、電車の中で妊娠している若いママがバッグをお腹の前に持って椅子に座っているのを目撃した時です。今までは当たり前の光景でしたが、 バッグの中には携帯電話が入っており、移動中の携帯電話は数分ごとに基地局と交信し、地下鉄では駅に入るたびに全ての携帯電話が同時に基地局と交信して強い電磁波(電波)を放射する。その携帯電話がお腹の中の赤ちゃんと10cm以内にいる。 これには恐怖を感じました。携帯電話やスマートフォンの使う電磁波(電波)は身体の中の局部の細胞を加熱してフリーラジカル(活性酸素)を出し、その細胞と周囲の細胞に障害を与えるからです。
 電磁波は目に見えません。子どもたちに、最も近親の母親が知らずにとは言え、先天奇形や将来のガンの芽を植え付けているかもしれない。技術を知る者としてこのような悲劇を見るのはしのびません。 こんなわけで、電磁波(電波)を吸収するシールを開発して妊婦さんが胎児を守るように使って頂こう、と思い立ったわけです。
 アイピピを上市してから2年経ち、少しずつ妊婦さんたちからのご注文が増えています。アイピピは妊婦さん向けに作ったのですが、最近は電磁波(電波)に過敏な方々からのご質問が多くあります。放射線にご心配な妊婦さんからのご質問も有ります。 子供たちのために、携帯電話以外の電磁波(電波)や環境を汚している化学汚染物質などを減らすことや、放射線の影響を正しく伝える、新しい仕事もしなければならない、と思っています。
 そこで、北里研究所病院名誉教授の宮田幹夫先生と、東海大学医学部教授の坂部貢先生と共に2年がかりで、丸善出版から「生体と電磁波」を出版しました。医師向けの学術書ですが、この分野の専門本がこれまで無かったので啓蒙書にもなるように、とも考えました。お二人の先生は医学分野を、羽根は電磁波の分野を分担しました。 この本の出版が次世代の子供達の健康のために役立つことを期待しています。

イスイックス・ワールド(株)

代表取締役 羽根邦夫

ISSIX

発売元


イスイックス・ワールド株式会社

〒150−0012  東京都渋谷区広尾2-2-7

TEL : 03-3406-3737


設 立

2002年3月29日

代表取締役

羽根 邦夫

資 本 金

1,000万円

事業内容

電磁波関連技術の支援と、開発、製造、販売。情報サービスの企画、開発支援

沿 革

河川環境の遠隔測定、心臓ペースメーカー用対電磁波防御衣、ICタグのシステム開発などを経て現在に至る
現在、電磁波吸収体のアイ・ピピを開発し製品化。合同会社創光技術事務所は、知財と技術の管理とコンサルティング

発売元へのお問合せへ
アイ・ピピ開発者のプロフィール

<経 歴>

1990年

慶應義塾大学理工学部を助教授にて退職(専門は半導体物理)

1990年

ソニー株式会社に入社

中央研究所にて計算科学センター長

情報通信研究部門長

ソニーシステムデザイン取締役

ソニーコンピュータサイエンスラボ取締役などを経て、

ディジタルビジョンラボラトリーズに出向後、2001年退職。

新潟県にて産学連携コーディネーター、再生医療用細胞培養システムの支援。

現在

イスイックス・ワールド(株) 代表取締役

合同会社 創光技術事務所 執行社員

工学博士 羽根 邦夫

<専門分野>
半導体物性、材料科学、電磁気学、電子工学、計算機応用

<著書>
「生体と電磁波」 丸善出版